読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカギ 散水ノズル修理1

確か4年ほど前に、ウンチクをFacebookに投稿した品物。

金属だから一生もんだ!!なんて偉そうな事を書いた記憶が懐かし〜^ ^

タカギの散水ノズル、亀裂入りました〜(°▽°)

Takagiの社名の部分が薄くなっているんでしょうね〜、、で、強度的に弱くて、キレツ!

社名の為に薄くなった社名部分から真横へ散水可能な状態になっちまいやがったです。

f:id:satoyamajyanaikedoasobu:20170325062826j:image

そんでもって、なんか補修出来ないかと、調べたところ、、

この製品の材質が、

亜鉛ダイカスト合金!

製造側としては扱いやすい金属らしいのですが、会社の上司に雑談がてら聞いたところ、年月が経つと変形するって話、、。(ちなみに我が社でも昔、スプリンクラーをこの合金で作っていたことがあるらしい)

なるほど、、よく見ると膨らんで変形して亀裂って感じ。

で、補修方法は?

ハンダ付けを考えて居たのですが、亜鉛ダイカスト合金を熱すると有毒ガスが出るらしい、、(°▽°)

当初、アルミか、ステンレスかと予想して、ハンダ付けをどうしようかと思案して居たところに、、まさかの「ハンダ付けやらない方がいいんじゃない?な金属情報」。

やめとこー、、、

 

で、

 

ま、とにかく、プシューって勢いよく吹き出す水圧に耐えられるか不安なのですが、物は試し!

っつー事で、

上画像背景にある

エポキシパテ水中用購入〜、、

確か500円くらい。

 

必要なぶんだけ切ってごねごねして、

色が均一になったら

ぺたりと貼り付けます。

f:id:satoyamajyanaikedoasobu:20170325064518j:image

 

かなりの粘着力!

f:id:satoyamajyanaikedoasobu:20170325072142j:image

保険的に裏側にも社名の部分があるので、

そこにもぺたり。

 

社名の代わりに、爪でサインを入れ完成〜

(このサインから吹き出したら、、(笑))

という事で、6時間後には使用に耐えられるらしいのですが、水圧があるので24時間待ってみたいと思います。あ、ちなみに24時間乾燥で、加工、塗装も可能だそうです。

f:id:satoyamajyanaikedoasobu:20170325064606j:image